オーリスタットがもたらすダイエット効果

オーリスタットとは、肥満症を改善するために利用されている薬です。アメリカ国内の治験では、一年間服用することで成人の九割に体重減少があったと報告されていることから効果が期待されている薬です。オーリスタットは、ほかの肥満治療薬と比べても特殊で、食欲や食事制限などは一切関係しない薬としても知られています。腸内に存在している酵素、リパーゼに対して拮抗する事がこの薬の効果です。リパーゼの主な作用は脂肪の吸収・分解や脂溶性ビタミンの吸収にかかわる体内での働きを担っているのですが、オーリスタットがこれに拮抗し酵素の作用を妨げることで、脂肪の吸収が出来なくなります。そして、脂肪は大腸、肛門を経由して脂肪便として排泄される事となるのです。その後、脂肪によるエネルギー変換が滞らないように、体内の脂肪を利用したエネルギー交換が行われ、体重が減少していく事となるのです。
もちろん、オーリスタットには副作用もあり前述した脂溶性ビタミンの吸収にも影響を及ぼすという事、ならびに脂肪便が増えるので、排便コントロールが難しくなるという事が挙げられます。もちろん、身体的な症状はビタミン欠乏症と呼ばれる夜盲症や神経症状が出現しなければそれほど大きくないので、自己責任ではありますが比較的安全に服薬管理ができるというのが魅力と言えます。
なお、そのようなオーリスタットの具体的なダイエット効果はやはり、体脂肪を低下させるという事、そして痩せている最中の追い込みに利用できるという事です。脂肪吸収を妨げるのである程度体脂肪が下がった人にも効果があります。ただし、下がりすぎると生命維持にかかわり、様々な影響が懸念されるので、安易な使用は避け、適切なコントロールが出来るようにしましょう。

ページの先頭へ戻る